最新情報

2016年2月2日未分類
今だから言います。ED治療薬は、正規品を使用しましょう!
2015年12月19日未分類
クリスマス時期、ペニスの出番が増える予感大!でも、精力剤の利用過多には気を付けて!
2015年11月8日未分類
シアリスというED治療薬について。バイアグラより汎用性は高い!
2015年7月12日未分類
精力サプリとペニスとの相性は、成分よりも・・・サプリそのものかも!
2013年12月26日未分類
精力剤のメリット&デメリットとは?!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

今だから言います。ED治療薬は、正規品を使用しましょう!

皆さんもよくご存知の通り、モノには正規品と非正規品がありますよね。ED治療薬も例外ではありません。

シアリスの非正規品を持っていた知人がいたのですが、その知人・・それを結構な感じで使用してるんですよね。勿論、言いましたよ。回数と量に気を付けろ。と。そして、非正規品はなるべく使うな。とも。

余計なお世話かもしれません。いや、余計なお世話ですね。しかし、非正規品の品質が正規品と同等であるならまだしも、劣っているのであれば、それを日常で使用するのは、決して身体のためになりません。こんな事は言わずもがなです。

でも、オトコは頼るのです。これを飲めばペニスが勃つから。SEXしたいワケですから、ペニスが勃つなら誰でも使いますよねw

とにかく、程が大事です。程を超えるとどんな事も歪みが来ます。あくまでED治療薬は飛び道具です。治療といいつつ、ペニスが増大するように根本の解決をするのではありません。

ペニスの増大を解決したいなら、時間が必要だと思います。それなりの原因がありペニス勃起が減退したのです。そんな簡単に治るなら苦労はしません。

ED治療薬は、病院で医師の処方箋を受けて下さい。ナニも恥ずかしくないし、ナニも難しくありませんから。

タグ

2016年2月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

クリスマス時期、ペニスの出番が増える予感大!でも、精力剤の利用過多には気を付けて!

まさに今、クリスマス・シーズン真っ只中です。この時期、男女はウキウキします。下半身も。ペニスがイマイチウキウキしない貴方、それでもペニスの出番は増える。増えるから、使う。でも、イマイチウキウキしてないから、力技でウキウキさせる。

そう、精力剤で。いや、いいんです。用法と用量を守ればいいんです。有効的に使って下さい。でも、利用を多発するともしかしたら身体に若干でも負担をかけるかもしれません。

ペニスの出番を優先させて、身体の負担を後回しにしないよう、十分に気を付けながら使用して下さい。とにかく用法と用量の厳守、これお忘れなく。

以前の記事にも書きましたが、ED治療薬は保険適用外です。利用を多発すれば、その分金銭的な負担も増えます。ペニスの出番が増えるかもしれませんが、利用するのであれば、金銭面も考慮して計画的に使って下さい。

「出番が増えてるんだから、計画的なんて無理!」という貴方。
うん、、それはそれでおっしゃる通りですね(笑。。

なら、可能な範囲で計画的に!これでどうでしょう。間違っても2錠飲んだりとかしないで下さいね!?1錠で十分に効きますからね。もし、効かなくても多量摂取が厳禁です。血流を促進するのがED治療薬の働きの一つでもあるので、多量摂取は良くありません。くれぐれもご注意を。

タグ

2015年12月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

シアリスというED治療薬について。バイアグラより汎用性は高い!

バイアグラと同様、ED治療薬として「シアリス」という薬があります。これは、バイアグラよりも後に販売されたED治療薬で、バイアグラより服用の条件が緩和されています。

シアリスは、食前食後を問わず服用可能です。一応、処方箋には性行為の1時間前を目安に服用して下さい。的なアナウンスはありますが、有効時間が6~8時間(人によってはそれ以上の場合もOKな可能性あり)と幅広いです。そして、性的興奮を覚えた時に効能を及ぼし、それ以外の時にはペニスに対し刺激を感じさせない。というような治療薬みたいです。

全員が全員、全く同じ状態ではないかと思いますが、目安としてそういう見解を表しているのがシアリスです。当然、服用するにあたって医師の診断が必要です。服用を希望する人の状態によっては、シアリスの服用を止められることもあるでしょうから。

治療薬とは言っていますが、これを飲んでいればいずれEDが治るのか?これは分かりませんね。むしろ飛び道具としての位置付けで見ています。服用の容量や用法を守った上で、継続して服用している分には~効き続けるのかもしれませんが、服用を止めれば、止めた時に服用したシアリスの有効時間が切れたら、また元に戻るのではないかと思います。これも、人によって違いはあるでしょうけど。

そして、大切なこと。
シアリスは、保険適用外です。健康保険は使えません。

1粒、1,300円~1,700円くらいするのではないでしょうか。決して安くはないので、服用するとしても計画的に考えるのも必要でしょう。

タグ

2015年11月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

精力サプリとペニスとの相性は、成分よりも・・・サプリそのものかも!

色々ある精力サプリ。
全種類でいくつあるか、知ってる人手を上げて下さい!

多分、、いないでしょうね。

それくらいに多くの精力サプリがあるんだと思います。それだけペニスに効くor効くかもしれない原因があるという事?かも。それぞれに成分に特徴がありますよね。

勿論、成分との相性もあるでしょう。
でも、やはりサプリとペニスがバチコーン!といくとすれば、それはもうそのサプリ自体との相性になるんだと思います。

それがどれなのか?
それが分かれば、一番手っ取り早いのですが、そこに辿り着くまでには~多少の旅が必要になる場合もあるでしょう。幸運なことに早くそういうサプリに出会えたなら、それはもう~ペニスが喜ぶでしょう。

口コミ、売れ筋、インスピレーション、どれも参照になる要素だと思います。まず、使ってみようと思うのなら、自分の症状と似た人を探して、その人達が効いたと実感したようなサプリを選ぶのも良いかもしれません。

とにかく、正解!がないと思うのです。
貴方はどれを参考にしてみますか?

タグ

2015年7月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

精力剤のメリット&デメリットとは?!

精力剤として、健康食品タイプのメリットは、何と言っても「手軽で安全性が高い!」ことでしょうね。

配合成分は精力剤によって色々ですが【健康食品】である天然成分が主で、医薬品のように副作用は低く、サプリ感覚で利用出来るのが魅力なのだと思います。

また、配合成分の多くはスタミナ増強・疲労回復などの二次効果を発揮するため、勃起力と同時に体調改善効果も期待することができます。

値段も色々ですが、医薬品より安価なものが多く、薬局やネットなどで購入出来るのも大きな特徴でしょう。一方、デメリットとしては、医薬品ほどの強力な効果を発揮するものが【非常に少ない】ということでしょう。

成分は漢方・生薬成分が主ですが、自分にぴったり合った配合率の精力剤を選ばないと、思うような効果を得られないことがあると思います。

医薬品に比べると即効性に欠け、飲んですぐの効果を期待すると言うよりは、長い目でペニス増大UP、向上を目指すというスタンスの商品が大半を占めています。

タグ

2013年12月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

漢方の精力剤についてです~。

ネットで精力剤を探すと、漢方精力剤の販売サイトが多く出てくると思います。「漢方=体に優しい」という、イメージもありますが・・・副作用が絶対にナイ!とは言い切れないところもあります。

漢方だって、成分によっては医薬品となる場合が多いのも事実です。漢方やサプリメントとして売っている精力剤の中には、「医薬品成分」が含まれている場合もあるので、十分に注意する事が必要になってきます。

「漢方だから100%安心!!!」ではありません。
安心だ!安全だ!とか、天然成分だ!とか、大袈裟に安心感や安全性を煽られてはダメなのです。これは漢方に限らず、健康食品でも同じ事が言えるでしょうね。「100%安全!!!」ではありません。

青汁などに代表されるような健康食品だって、野菜不足の人には大変すばらしい健康食品ですが、ご本人が服用している薬によっては~青汁は飲めなかったりもするのです。

医薬品扱いの漢方精力剤は、個人輸入代行で入手することが出来ます。でも?漢方精力剤として知られている商品だって、漢方以外の成分が入っていたというニュースが報告されています。

先ずは、色々な情報を見て、尚且つその情報に翻弄されず、自分に合ったものを見つける事がとっても大切なのです。

タグ

2013年12月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

こんな場所でも精力剤を買う事が出来る!!

精力剤は、薬局やネットで買うものと思っていますが(私も含めてw)、最近はコンビニでも買えるんですよね~。

コンビニもドンドン進化してるんですね。取り扱う商品の幅も時代につれガンガンに広くなり、ついには~精力剤まで販売するようになりました。

とはいえ?
コンビニで買う精力剤、、、これ本当に効くのか?という素朴な疑問。いくらで買えるの?コンビニで買った精力剤を服用して~副作用はないの?なんて、そんな不安?疑問?があると思います。

値段は、平均で500円前後~1,000円前後くらいでしょうか。
肝心の効くか?効かないか?ですが。こればっかりは、効く!とも効かない!とも言えない事は皆さんにも分かるかと思います。

でも、即効性はナイと思いますよ。即効性を求めるなら、それはコンビニには売ってないですから。

どこに?病院ですねwハイ。

精力剤は、継続して飲むのが効くための一番の近道だと思います。自分との相性もあると思うので、色々試すのもいいでしょうし、口コミとかを見て、自分と同じようなタイプの人が選んでいる精力剤でもいいでしょう。

コンビニで、買えるという事そのものは、とても便利だと思います。病院や薬局と違い~欲しい時に買えますからね。

タグ

2013年12月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

良い精力剤を選ぶには、自分を知るのが重要です。

精力剤を購入しようと思った時。

薬局とか通販とで買うと思います。買う場合には選択肢がたくさんありますよね。そして、これらの場所へ行くと、沢山の精力剤があることに驚いてしまうのも事実です。加えて・・・医薬品・食品を合算すると、もはや何を選らべば良いのか?!それすら分からなくなってしまう事もあるのでは?と。

精力剤や精力サプリを選ぶ際、そのポイントや何を期待するかによって、また~その商品の効能によって変わってくると思います。実際、それぞれの商品には得意の分野があり、それぞれの目的に合った商品を選ぶ事で、失敗をかなり避けられるのでは?と感じています。

それには大切な条件が。
精力剤を選ぶ前に、自分の目的や症状を知っておく。これ大事だと思うのです。「なかなか勃起出来ない」「持続できない」といった人は、年齢によるものなのか?身体的なものなのか?それとも精神的な???など・・・。

だって、同じ症状であっても、原因は人それぞれですからね。
これ、本当に大切な事だと思います。

自分がどういう状況なのか?それが分かれば~克服する手立てというか目途がつくと思うので、その後の道のりは大変かもしれないけど~原因が分かっている道のりとそうでない道のり、全然違ってきますよね。

タグ

2013年12月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

継続する事で効いてくる精力剤の正体は?!

市販の精力剤は、服用して1時間程度で勃起する「医薬品」とは違います。

「継続」して体質を改善することを目的としたサプリが多く発売されています。医薬品の精力剤も手掛ける会社が開発した精力剤などもあります。

こういう精力剤は、トンカットアリ、マカ、亜鉛など、更に勃起回復が期待出来る成分を配合したサプリメントになっています。

市販の精力剤の中では、マカやL-アルギニン、トンカットアリが配合された商品が人気ですが、さらに注目の「ドラゴンフルーツ」や「亜鉛」も配合した精力剤が、中高年男性を中心に人気があるとの事。

医薬品の精力剤や健康食品としての精力アップ商品を、多数手掛ける会社が開発した精力剤は、ネットなどで人気の精力剤ショップで購入出来ると思います。

ネットの精力剤ショップも、宇宙の星の数と負けないくらいにありますよねw

だからこそ、ナニを選ぶのか?自分にはどれが合うのか?それをよく分かってから、または分かるトライをして欲しいです。いくら有名な精力剤でも、自分自身に効かなければ、ナンの意味もありませんからね。

タグ

2013年12月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

精力剤に即効性を求めてしまうのはOK?NG?

勃起の仕組みを多少なりとも理解しているにもかかわらず、「ここ!」って時に、肝心なペニスがついてこない!という事は、男性なら経験している方も多いと思うのです。

そんな時に、「即効性」のある精力剤・勃起薬を求めて~コンビニやドラッグストアや通販で購入し、そして・・・効果が無かったなんて経験をお持ちの人もあるでしょうね。。私の友人にもいます。しかも、それが少なくない感じでw。。

しかし、、それもそのはずなんです。
市販の精力剤は、健康食品なので、飲んで【即効】でペニスが勃起するということは…なかなか難しいでしょう。市販の精力サプリメントは【継続して利用する】ことで、体質改善していくことを目的に作られているからですね。こういう場面でも「継続は力なり」が効いてくるという事でしょうか。。

さて、話を戻します。
「即効性」を求める場合は、病院で診察を受け、バイアグラなどのED治療薬を処方してもらう事です。

治療薬や海外の漢方精力剤など、個人輸入という方法もありますが、ニセモノも多く、医薬品なので、即効性を求める場合は、医師の診断を受診する事を強くおすすめします。

タグ

2013年12月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ